トップページ 練習会日程 上達のコツ テニス用具 アベ日記 動画 お問い合わせ

 

  上達のコツ


このページではテニスの上達に必要なポイントを

管理人のこれまでの経験をもとにいろいろとまとめていきます!


  ボレー

ネットプレー・ダブルスで主に用いるショットで、ボールをバウンドさせずに打つショットです。

言葉だけじゃわからないと思うので、映像を下記にyoutubeから引っ張ってきました!



ボレーの際のラケットの握り方はコンチネンタルグリップです。

コンチネンタル

親指と人差し指の間を1番に当てて握ります。


コンチネンタル



グリップエンド

※左利きの人はフォアとバックが逆になるのでご注意ください。



ボレーのグリップは慣れないと手首が窮屈で違和感を感じるかもしれませんが、慣れてください(^^;
↑ここまで編集済み

ちなみにテニス経験者はいちいち握り方を正式名称で呼ぶことはなく、握りが「厚い」とか「薄い」といった表現をすることが多いです。

一般的にコンチネンタルグリップが薄いグリップで、イースタン→セミウエスタン→ウエスタンとなるにつれてグリップが厚いと表現します。

参考までに覚えておくと便利でしょう。



ではグリップの特徴について説明します。

いろいろとポイントを挙げるときりがないのですが、基本的には薄いグリップ(コンチネンタル)はストロークにおいてはスライスショットを打つ以外では使用する人はあまりいません。なぜならストロークで薄いグリップを遣うと、打点が後ろになり、振り遅れる可能性が高くなることに加え、現在のテニスで主流となっているトップスピンをかけにくく、どうしても回転のかかってないフラットショットが多くなり、ストロークが安定しないというデメリットが生じるからです。


一方、グリップが厚くなるとどうなるか!ストロークの際の打点が前になり、下から上のスイングを意識するとトップスピンが容易にかけられるようになります。そのためストロークに安定感が生まれ、回転をコントロールすることで戦術的な引き出しも増えるので、ぜひイースタン〜ウエスタンのなかで自分にあったグリップを見つけ出すことをお勧めします。一応管理人のストロークのお勧めグリップはウエスタンです!



  フォアハンドストロークを覚える!

まずは打点を確認していきます。※二人で練習するという前提で話を進めていきます。

ラケットをもってフォアハンドの素振りをしてみます。そして素振りの際に打点の場所でラケットを止めてみます。

打点で止めたラケットの面を相手に手で押してもらい、自分も力を入れて押されないようにしています。

相手に押された際に、自分が一番力の入る場所はどこなのか?それを見つけていきます。

まずは自分にとっての最適な打点を見つけ、それを意識できるようになることが大切です!

続いて、実際に打点で打つ感覚を身に着けていきます。

相手と少し距離を取り、ボールを自分の手前でバウンドするようにトスしてもらいます。

自分はあらかじめ打点にラケットを止めた状態で足を動かし、自分にとって一番力の入る打点でボールをラケットに当ててあげます。

それを繰り返してやると、打点の確認とテニス応じて大事な足を動かして打点に入るという2つの練習がまとめてできます。

慣れてきたら、打つ前にラケットを後ろに引くテイクバックの動きも加えて打ってみます!

テイクバックを入れる際にフォロースルーを大きくとるとボールが飛びすぎてしまうので、ご注意してください。

上記に慣れてきたらネットを挟んでお互いに短い距離でラリーをしてみます。

立ち位置の目安はサービスラインとネットの真ん中くらいです。お互いにフォロースルーをとりすぎないように意識し、しっかりと相手の前でボールがワンバウンドするように意識してください。目標は往復で20回ラリーが続くように!

できたら徐々に距離を伸ばしていき、サービスライン→サービスラインとベースラインの真ん中→ベースラインと立ち位置を変化させて、同じようにラリーが続ける練習をしてください(^^)

手順を一つずつ踏んでいけば必ずだれでもラリーは続けられるようになります!



  バックハンドストロークを覚える!

バックハンドも基本的にはフォアハンドの同じ練習法です!

ただ、バックハンドの打ち方は片手で打つシングルハンドと両手で打つダブルハンドの2種類に分かれます。

どちらが良いという決まりはありませんが、基本的には動きが制限されるダブルハンドのほうが上達は早いです!

シングルハンドであれば、フォアハンドの練習法と基本的には同じです!

ただ、打点がシングルハンドの場合はかなり前になるので、その確認だけはしっかりしないと後々強い球が打てなくなるのでご注意ください。

ではダブルハンドはどうするか?

利き手とは逆のフォアハンドの要領で練習していきます!

フォアハンドで説明した練習を利き手と逆で実践していきます。その際にグリップを持つ位置は半分より上を持ってください。

手出しでの相手のボールが打てるようになったら、利き手も一緒に添えるような形でグリップを握ります!

今まで練習した形と同じように、利き手と逆でボールを押す感覚でダブルハンドでスイングしてみてください。

ここまで来ればある程度ダブルハンドも形になっているはずです。

ちなみになぜ、最初からダブルハンドでやらないかというと、最初から両手でスイングすると窮屈なスイングになり、打点も身体から近くなり過ぎて、うまくボールに力を加えることができなくなる人が多いからです。

テニスを始めた初期の段階で変な癖がつくとそれを後々矯正するのを非常に難しくなります(^^;

最初が一番肝心なので、ぜひ説明した練習を実践せいてみてください。

なお、細かく知りたいという方がいればプライベートでのレッスンも対応するのでお問い合わせから気軽にご相談ください(^^)



  各ショットの具体的な練習法
※各ショットの練習法は徐々に更新していきます

  ストローク

  ボレー

  スマッシュ

  サーブ

Copyright © 2014 テニス.info All rights reserved.
by テニス.info