トップページ 練習会日程 上達のコツ テニス用具 アベ日記 動画 お問い合わせ

 

  上達のコツ


このページではテニスの上達に必要なポイントを

管理人のこれまでの経験をもとにいろいろとまとめていきます!


  テニスの基本6ストローク

テニスのショットの種類は大きく分けて6つしかありません。

まずは下記の6つが基本になることを抑えておきましょう。

@ フォアハンドストローク

A バックハンドストローク

B フォアハンドボレー

C バックハンドボレー

D サービス

E スマッシュ



  基本6ストロークにおいてのチェック項目

A : 打点

B : 身体の動き ( ショットを打つ際にある一部、もしくは全体 )

C : ボールの軌道

各ショットにおいて上記のA・B・Cの項目のうち、

どの要素を一番意識しながら打っているか確認していきます。

一般的に習熟度が高くなる(得意になる)ほど意識する項目がA→B→Cと移行していきます。

つまり上級者になればなるほどボールの軌道を意識しながら打っているわけです。

考えてみれば当然で、試合中にいちいち打点や身体の動きを意識している余裕はないですからね(^^;



  段階別指導法の活用

やみくもに練習してもなかなか上達はしません。

そこで、各ショットを細かく分解し、部分ごとに練習していくことで最終的にショットを習得していきます。

例を挙げるとある特定の練習したいショットがあれば、

打点、スイング、身体の回転、フットワークといった具合に分解して練習していきます。

ボールを打つ際にも下記のようにステップを踏んでいきます。

手出し→近い距離でラケット出し→遠い距離でラケット出し→ショートラリー→ロングラリー

要するに「 急がば回れ! 」というわけです。



  各ショットの具体的な練習法
※各ショットの練習法は徐々に更新していきます

  ストローク

  ボレー

  スマッシュ

  サーブ

Copyright © 2014 テニス.info All rights reserved.
by テニス.info